ワードプレスのビジュアルエディタとテキストエディタの違いは?

こんにちは、アキです。

今回は、ワードプレスのビジュアルエディタテキストエディタについて解説します。

 

私がワードプレスを始めたときに、

一番疑問だったのが、テキストエディタの使い方でした。

「ビジュアルエディタだけで記事かけるじゃん!」と思ってたんですが、

テキストエディタを使わないとうまくいかない作業もありました。

今はどちらも必要な機能なんだと理解しています。

そんなビジュアルエディタとテキストエディタの違いや使い方について分かりやすく説明していきます。

ビジュアルエディタとテキストエディタの違いって何?

ワードプレスの記事編集画面の右上に

ビジュアル

テキスト

と、タグがふたつありますよね。

 

タグをクリックすることで

・ビジュアルエディタ

・テキストエディタ

と、画面の切り替えができます。

それぞれの違いを見た目で確認してみましょう。

 

ビジュアルエディタ

特徴は、ビジュアルの名前の通り、

公開するサイトをほぼ見たままの表示で文章の編集ができます。

太字などの文字装飾の色も、ビジュアルエディタの画面なら目で確認できます。

ビジュアルエディタ画面

 

 

テキストエディタ

特徴は、HTMLという言語で表示される画面になります。

先ほどの文字とほぼ変わらないのですが、テキストエディタ画面ではこんな風に表示されます。

先ほどのビジュアルエディタ画面の文章を「テキストエディタ」に変えただけの画面です。

文字は分かるけども、、、あとは何となくわかるかな?

という、HTMLがわからないと記事作成も一苦労です。

 

そうはいってもHTMLはワードプレスを使う人にとって、とっても身近な存在です。

私達がネットで見るホームページなどは、ほぼHTMLで作られています。

ワードプレスで書いた記事も、ネットに公開して訪問者に記事を読んでもらいますよね。

ワードプレスの記事もHTMLによって構成されたサイトになるんです。

 

ワードプレスは、簡単にネットにブログを公開できるように

HTMLを使わなくても記事作成ができるソフトってことなんです。

ワードプレスって、ブロガーの見方なんです!

 

ビジュアルエディタとテキストエディタの違いは、

表示される編集画面が違うこと。

見た目は違うけど、どちらも1つの記事として同一のものです。

 

ビジュアルエディタの使い方

ビジュアルエディタでは、

文字の入力(ブログ本文作成)をする ⇒「公開」

これだけでウェブ上に記事の公開ができます。

簡単です!

フォントの大きさや文字の装飾もツールのボタンひとつでOK!

ビジュアルエディタ画面で目で確認することができます。

 

ブログ作成の詳しい使い方はこちら!

関連:

ワードプレスで記事のカテゴリーを分ける意味と設定方法を解説!

ブログ記事の文字の装飾をして文章を読みやすくする方法!

 

テキストエディタの使い方は?

私がテキストエディタを使う時は、

アドセンスブログに、ツイッターやYouTubeの動画を載せるときです。

テキストエディタのほうでURLやコードの貼り付けをします。

ビジュアルエディタにURLを貼り付けてもできるのですが、

サイズや表示の仕方などを調整、という作業をしています。

難しい作業ではなく、テキストエディタの画面で、少しコードを変更するだけという簡単な作業です。

 

アドセンスの広告を貼る時にテキストエディタから編集する方法もありますが、

これに関しては便利なプラグインがあるのでね。

関連:AdSense Managerでアドセンス広告を簡単に設置する方法!

 

HTMLをよく知らない人がテキストエディタで作業しても作業効率が悪いですよね。

記事作成はビジュアルエディタでほぼ出来てしまうので、

テキストエディタを使うことってほとんどないです。

ただ、時々使う機会があるので、

テキストエディタについての知識は頭に入れておいても損はないですよ。

 

まとめ

・ビジュアルエディタは、目で見たまま編集ができる画面

・テキストエディタは、HTMLで表示された画面

という風に覚えておいてください。

ワードプレスは、HTMLが分からなくてもウェブに表示できるサイトを作ってくれている

便利なソフトだっていうことがわかりましたね^^

ワードプレスを使いこなしていきましょう!

 

ブログの記事を書く準備できてますか?

ワードプレスをインストールしたらすることは?準備と手順を紹介!

 

【Life is a Flower!】アキの公式メルマガ


 

コメントを残す