プラグインWP-DBManagerでバックアップを取る方法を解説

こんにちは、アキです。

今回は、ワードプレスのデータをバックアップしてくれるプラグイン

WP-DBManagerの設定方法を解説していきます。

自動でバックアップしてくれる設定もあるので便利ですし

大事なデータを守ることができるとても重要なプラグインです。

 

ワードプレスでの作業に限らず、パソコン作業をしていて思わぬトラブルでデータが消えた!

なんて経験、ありませんか?

大切なデータを守るために必要なことは、ブログを始める前に済ませておきましょう。

 

このプラグインは英語表記なので、日本語表記にする方法も紹介しています。

WP-DBmanagerを設定してデータ管理をしていきましょう。

 

WP-DBmanagerを日本語表記にする方法

1. まず、「プラグイン」の「新規追加」でWP-DBmanagerをインストールします。

プラグインのインストール方法

インストールが完了したら「有効化」します。

 

2. 有効化したら、WP-DBmanagerを日本語表記にするためのファイルをダウンロードします。

WP-DBManagerの日本語版DLサイト

 

3. ダウンロードしたファイルは圧縮されたものなので、解凍ソフトで解凍してください。

圧縮解凍ソフト7-Zipのインストール

 

4. ファイルの中を開いて、その中の3つをデスクトップに移動させます。

  • wp-dbmanager.pot
  • wp-dbmanager-ja.mo
  • wp-dbmanager-ja.po

これ以外は必要ないので削除しても大丈夫です。

 

5. 次にFFFTPを起動させます。

FFFTPの使い方解説

開いた画面右側に自分のサイトのドメインがあるのでクリックします。

続けて右側に出てくるフォルダを下記の順番に開いていってください。

  1. あなたのサイトドメイン
  2. public html
  3. wp-contents
  4. plugins
  5. wp-dbmanager

 

右側上の赤枠部分には

あなたのサイトドメイン/public html/wp-contents/plugins/wp-dbmanager

と表示されていればOKです。

先ほどデスクトップに移動させておいた3つのファイルをドラッグ&ドロップで移動させます。

 

これでWP-DBmanagerが日本語で表記されるようになります。

続いて、エラーメッセージの対策もします。

FFFTPは開いたままで作業を続けましょう。

 

 

WP-DBManagerのエラーメッセージを解除する方法

1. 先ほどのFFFPを開いた状態

『サイトのドメイン/public html/wp-contents/plugins/wp-dbmanager』

の中から『htaccess.txt』というファイルを見つけてください。

そのファイルをデスクトップにドラッグ&ドロップで移動させます。

 

移動させた『htaccess.txt』ファイルの名前を『.htaccess』に変更します。

※ファイル名変更は、ファイルにカーソルを合わせて右クリック、「名前の変更」から行って下さい。

名前の変更後、FFFTPの中の『htaccess.txt』ファイルは削除します。

 

2. 次に『あなたのサイトドメイン/public html/wp-contents/』まで開いてください。

その中に『backup-db』というフォルダが登場しているのを確認してください。

 

3. 『backup-db』を開いて

先ほど名前を変更した『.htaccess』ファイルを移動させます。

 

これでWP-DBmanagerを開いた時に出るエラーメッセージがなくなります。

ここまでで難しい設定は終わりです、お疲れ様でした^^

次にこのプラグインを使ってバックアップを取る方法を解説します。

 

WP-Managerでバックアップを取る方法

バックアップを取る方法には2種類あります。

 

・手動でバックアップを取る方法

・自動でバックアップを取る方法

 

両方を解説していきます。

ちなみに私は自動でバックアップを取るようにしています。

 

 

手動でバックアップを取る方法

1. ワードプレスのダッシュボードに

データベース」という項目があるのでその中の「DBバックアップ」をクリック。

 

2. 『データベースのバックアップの設定』という画面になります。

画面の一番下の項目「GZip圧縮を使用しますか?」を「はい」にチェックを入れます。

最後に「バックアップ」をクリックすればOK!

バックアップが完了したら、

バックアップファイルが添付されたメールが届きます。

FFTPの中にもバックアップデータが作られます。

手動バックアップは、ワードプレスのアップデートが来たときなど、更新する前に行うといいですね。

 

自動でバックアップを取る方法

なんといっても自動でバックアップを取っておくのが一番安心です。

1. ダッシュボードの「データベース」の中の「DBオプション」をクリック。

 

2. データベース オプションの画面になります。

ここでは、バックアップのスケジュールやファイルの数などを設定できます。

 

まず、「バックアップファイルの保有数」を「5」に設定します。

デフォルトで「10」になっていますが、あまり多いとサーバーの負担になるので10以下がオススメです。

自動でバックアップを取ってくれるのでそこを考えて数を設定してください。

 

次に「自動スケジュール」の設定をします。

私は「DBバックアップファイルの自動生成」のところを

・毎3

・日ごと

・Gzip圧縮 はい

と、設定しています。

この辺りはお好みで設定してください。

 

まとめ

もしもの為にバックアップの設定は今すぐやっておきましょう。

データ消去はいきなりやってきます(怖)

WP-DBManagerを導入して快適なワードプレス環境を作ってください^^

【Life is a Flower!】アキの公式メルマガ


 

コメントを残す