ホリエモンの近畿大学卒業生スピーチから学ぶ未来へ生きる心構え

こんにちは、アキです。

堀江貴文さんが2015年に近畿大学で卒業生に贈ったスピーチにとても感銘を受けました。2年も前のことなのに、今この瞬間も通用する説得力のある言葉に驚きました!

これから社会人になる卒業生はこの言葉を聞いてどう感じたのか気になるところです。

インターネットの普及で今の日常はどう変わっていく?受け身でいいの?

世の中で取り残されないで生きるにはどう行動するべきか、スピーチの内容をもとに考えていきたいと思います。

堀江貴文さんのスピーチ動画

まずは、堀江貴文さんが2015年に近畿大学の卒業式で行ったスピーチ動画をご覧ください。

これを聞いて感じること、何かあるはずです。

 

インターネットがあるのは何のため?

『この辺りで美味しいパスタが食べられるお店ってある?』

『近くにコンビニってないのかな?』

 

なんて時は、スマホを取り出して検索!即 美味しいでランチができる♪

こんな時は「スマホって便利!」と思う瞬間ですよね^^

 

この当たり前のスマホで情報をゲットすること、10年前にはなかった感覚でした。

美味しいかどうかわからないお店に入る勇気や、コンビニを探すために誰かに道を聞くというのが10年前の当たり前だったのではと思います。

 

この今ある「当たり前」、世界中にも当然当てはまること。

世界中の人がインターネットの情報を元に日本観光をしていきます。

日本人の知らないような情報をゲットして、コアな場所を訪れる海外の人を知ると「インターネットのすごさ」を実感せずにはいられません。

 

インターネットが繋がる場所って、世界中に今でも増え続けています。

世界の人々が私達と同じように知りたい情報を手に入れている時代。

積極的に情報を手に入れたもの勝ちと言ってもいいくらい、SNSなどの情報ってあなどれません。

狙っていた発売前の限定スニーカーも、情報を知っていることで手に入るか入らないかが決まってくる世の中なんです。

 

『インターネットをうまく使いこなせなくて、、、』

と言っている人は限定スニーカーだけじゃなく、この先世の中から取り残されて孤独を味わうのやも、、、。

 

今や誰でもインターネットで検索すれば情報を得られます。

インターネットが使いこなせないじゃなくて、受け身になって情報を待っているから取り残されてしまうのでは。

パソコンがない、ネットが繋がる環境にないと言われては参ってしまいますが^^;この記事を読んでくれている時点でそんな悩みもないですよね。

 

堀江貴文さんは、今は世界中の情報を知ることができるのだから、積極的に情報に触れて考える力をつけるようにと、これから社会に出ていく卒業生にメッセージを贈りました。

 

・技術は知らないうちに進歩している

・東南アジアの経済発展の早さ

・通信手段がなかったアフリカの山奥の人たちが情報を得られる時代

 

インターネットがなかった国が、その知識を得た時の吸収力のすごさを私達は甘くみている!とやんわり警告してくれています。

戦後に貧乏な思いをした経験のない私達(私は30代半ばですが)は、豊かで安全な世の中に暮らしていて、技術の進歩に鈍感になってきています。

タッチパネルってすごい技術だし、VRだってそう。

だけど、VRの技術を知っても「もうこんなことできる時代なんだ」くらいの感覚。

技術のすごさや便利さをスルーしていると、世界に追い越されていきます。

その技術はあって当然という感覚があることで「どうして?」という疑問が生まれない、技術の進歩も止まってしまいます。

 

堀江貴文さんは、「今の常識は10年後20年後は通用しなくなる可能性がある」と指摘しました。

安泰だと思って入社した優良企業の倒産、吸収合併の可能性が0ではないことなどを挙げて、常識に縛られない感覚でいることを伝えていました。

常に新しい情報を手に入れて、自分で考えて、そしてその情報を自分なりに発信していくことをしなければ、知らないわからないという何も考えない人は取り残されてしまうだろう。

そんな未来が待っているんではないかと言っていました。

 

情報をうまく扱えることが、グローバル化した社会で生きる知識の一つ。

・日がな1日スマホでゲームをする

・IOT技術が詰まった最新の家電の機能について調べる

など、どっちもスマホを使っているのに大き差が出ていますよね。

インターネットで調べた内容は、自分の頭のフィルターでしっかりと整理することが考える力をつけるってことが大切!

その技術は自分の役に立つのか、使ってみるとどうなのかなど、興味のあることなら楽に考えられるはずです。

難しく考えるのではなくて、まずは興味のあるものの情報から考えてみると身につくことなのかなと思いました。

関連記事:発想力を鍛えてネットビジネスに繋げよう!日常の経験を財産にする方法

 

未来は楽しいことしかない

堀江貴文さんの人生をご本人は「ジェットコースターのような人生」と表現。

山あり谷ありで、経験豊富な堀江貴文さんに嫌な経験も山ほどある!

だけど、堀江貴文さんは

悪いことは忘れる、過去を悔やんでも良いことはひとつもない

と清々しい答え。

 

失敗はある、

チャレンジしなければ失敗することもないけど、チャレンジは大事!

大事なのは、その失敗を2度と繰り返さないこと。

失敗したらすぐに再発予防策を考えて、飲んで騒いでその日に忘れる!

次の日からは「このチャレンジは成功すると思い込む」

とすごく前向きな考えで今まで乗り切ってきた堀江貴文さん。

 

過去を悔やんでいる暇はない

そして

未来は楽しいことしかないという堀江貴文さんは、今を集中して生きている人!

長期計画よりも目先のことからしないと、何も始まらない!行動することの大切さも言っています。

関連記事:ネットビジネスが嫌いな理由は何?楽しく作業ができる方法はある?

 

堀江貴文さんが伝えたかったこと

スピーチの最後に堀江貴文さんは

 

未来を恐れず

過去に執着せず

今を生きろ

 

そう言ってスピーチを終えました。

 

シンプルだけど、未来へ生きるために伝わるものがたくさんありました。

堀江貴文さんの経験から出る言葉なので真実味がすごくあります。

言っていることはすべて当たり前のことなのに、響いてきました。

 

堀江貴文さんのスピーチを聞いて、何度も頷いて(一人で見てるのに 笑)何度も「そうか!」という発見もあり「もう一度見よ!」と思える動画でした。

スピーチを行った当時から2年後の今聞いても響くメッセージに驚いて深く深く感心しました。

関連記事:ネットビジネスで成功する必須マインド!実践すれば稼げるようになる!

まとめ

堀江貴文さんが卒業生に込めたメッセージは、どれだけの卒業生や動画を見た人の心を動かしたのだろうと考えてしまいました。

私は心が動きました。

考える力で、世の中を渡っていけると共感しました。

考えなくてもいいくらいな便利の世の中ですけど、そこで止まってはダメなんだとはっきりわかりました。

当たり前の日常の中にも「生きる意識」を研ぎ澄ますこと!半分眠った頭を動かす時は今!!そう感じたスピーチ、あなたはどう感じましたか?^^

【Life is a Flower!】アキの公式メルマガ


 

コメントを残す