function.phpでコードを挿入したら画面が真っ白になったときの対処法!

こんにちは、アキです。

今回は、ワードプレスのテーマ編集でコードを挿入したときに起こるトラブル

『画面が真っ白!』になったときに元に戻す方法を解説します。

 

function.php は慎重に編集しましょう!

ということは、どのサイトにも書いてあるのですが、ナメていました、、、苦笑

バックアップも取ったので元に戻すことはできたのですが

本当に真っ白な画面を見て、私も頭が真っ白、、、、

こんな時は、落ち着いて行動するに限ります。

順を追って解説していくので慌てずに対処してください。

ワードプレスにログインできなくなったら?

function.phpのコードに追加コードを挿入したら

真っ白の画面!

さらにこんなメッセージが登場!

よく読んでみるとerror(エラー)の文字が!

 

function.phpから追加コードを削除してもダメ、、、

ワードプレス内でどんな操作をしても画面は真っ白でした。

どこを触ってもワードプレスにログインできなくなっていました。

 

こんな状況になるってウワサでは聞いていたんですが、まさか私にもやってくるとは!

ワードプレスを扱っていて経験者の多い「画面が真っ白」

誰もがやっていることなんで、ちゃんと元に戻す方法があります。

検索すれば色んなパターンのエラー状況がでてくるので、対処方法も様々です。

 

私が真っ白になった経緯は、

function.phpのコードの最後に追加コードを挿入したことから。

function.php画面を開いてコード末尾に「失礼しまーす」とコードをコピペしただけ。

で、結果があれです、、、。

 

ちょっと焦ってしまいますが、落ち着いていきましょう。

こんなときは、契約サーバーにログインして対処していきます。

私は、Xサーバーを契約しています。

編集画面は違いますが、どのサーバーでも方法は同じですので、参考にしてください。

関連Xサーバーの契約方法

 

 

function.phpのコード編集トラブル対処方法

Xサーバーの「インフォパネル」の方にログインしましょう。

 

1. Xサーバーインフォパネルにログインします。

 

2. インフォパネル内の「サーバー」の「ファイルマネージャー」というところに「ログイン」します。

 

 

 

3. こんな画面が登場するので、左側の項目の中から項目を順番にクリックして

function.phpの編集画面まで進んでいきます。

右側の「パス/:」の先を

パス/:ドメイン/public_html/wp-contents/themes/テンプレート名/function.php

と言う風にしていきます。

 

【クリックする順番】

① あなたのサイトのドメイン

② public_html

③ wp-contents

④ themes

⑤ あなたの使っているサイトのテンプレート

⑥ function.php にチェックを入れる

 

最後に「ファイルの操作」の下にある「編集」をクリック

 

これでfunction.phpの編集画面が開きます。

 

 

4. ワードプレスで編集する前の「function.php」に戻してあげます。

バックアップに元のコードのコピーが取ってあれば使いましょう。

編集箇所がわかっているなら、追加コードなどを削除します。

編集が終わったら「編集」をクリックすればOK!

 

これでワードプレスにログインができるようになります。

ログインができたよ!

あー、良かったー(笑)

 

まとめ

function.phpの編集は慎重に!

必ずバックアップを取ることが大事です!

と、身をもって体験しました(笑)

編集した場所も覚えておくといいと思います。

 

今回私が真っ白にしてしまったパターンは

function.phpの一番最後に追加コードを挿入したことで起こりました。

なので、編集箇所を探すことも簡単にできました。

 

function.phpは、ちょっと改行を入れたり空白を作ったでけでもエラーになってしまいます。

一度「真っ白」を体験するとfunction.phpの怖さがわかりますね、、、

便利なコードを挿入できるのは嬉しいですが、エラーには気をつけて編集しましょう!

 

関連:グーグルアドセンスから警告メールが来た!違反の内容と対処法は?

 

【Life is a Flower!】アキの公式メルマガ


 

コメントを残す