リンクエラーの対処方法は?Broken Link CheckerでSEO対策!

こんにちは、アキです。

今回は、リンクエラー(リンク切れ)が分かるプラグイン

Broken Link Checkerを紹介します。

 

Broken Link Checkerは

ブログ内に設置した外部リンク

(例:「公式サイトはこちら!」などで貼ったURL)

そのリンク元がなくなってしまったことを知らせてくれます。

 

そのリンクエラーはそのままにしていいの?

その対処方法も紹介します。

SEO対策にもなるのでオススメのプラグインです!

Broken Link Checkerの使い方 動画解説

 

Broken Link Checkerの使い方を解説!

まず、ワードプレスにBroken Link Checkerをインストールします。

プラグインのインストール方法

 

インストールしたら「有効化」してください。

「ツール」のところに「リンクエラー」という項目が登場します。

最初の設定はここまででOKです!

ブログ記事内のリンクが切れたときにこのプラグインは力を発揮します!

 

リンクエラーを発見!すると

「リンクエラー」を知らせてくれるメールが届きます。

 

ワードプレス内ではリンクが切れた時に

「ツール」⇒「リンクエラー」を見ると

横に赤い数字が出て知らせてくれます。

 

 

そこを開くとリンクエラーの詳しい内容が分かります。

 

リンクエラーURLの下にカーソルを持っていくと

「URLを編集」「リンク解除」「リンクエラーでない」「無視」「再確認」

という、切れたリンクをどうするか選択欄が出てきます。

リンクエラーは、なるべく早く対処しましょう。

「リンク解除」を選択すると、

記事に貼ってあったリンクの文字列は

ただのテキストに変わります。

それから記事の内容を変更するなどをして下さい。

 

リンクエラーの対処方法は?そのままでもOK?

リンクが切れた時の対処方法は

リンク解除」を選択してリンクを外し

リンクが貼ってあった記事の内容(文章)を直します。

リンクがなくても内容が崩れないならいいですが

どうしても外部リンクが必要ならもう一度リンク先を探すというのもOKです!

記事の内容に合ったもので、生きているリンクを貼ってあげてください。

 

リンクエラーの放置はゼッタイにやめましょう。

切れたらすぐに直すというのは難しいですが、

早めに対処することをオススメします。

 

ブログの訪問者がリンクをクリックして「エラー」だったら?

訪問者をガッカリさせることになりますよね。

せっかくあなたのブログ記事を読んでくれたのに

サイトを離れていくことになるので、これは痛手です!

そしてグーグルからも

リンク先が正しくない「不良サイト」と判断される可能性があります。

リンクエラーが分かったら速やかに修正してくださいね!

 

まとめ

Broken Link Checkerでリンクエラーの早めの対処を!

訪問者に優しい「優良ブログ」を作ってくださいね!

【Life is a Flower!】アキの公式メルマガ


 

コメントを残す