アドセンスブログの記事タイトルでアクセス数を増やすコツは?

こんにちは、アキです。

今回は、アドセンスブログ記事のタイトルの付け方について解説します。

 

アドセンスブログで記事を書いていくのに、タイトルはとっても重要です。

どんなに面白くて素晴らしい記事を書いても、タイトル次第でアクセスの数が変わってきます。

「こんなに一生懸命書いたのに!」

と、悔しがる前に考えてみてください。

アクセスが来ない理由は、、、タイトルでは?

 

アドセンスブログのタイトルの付け方のコツについて、私が経験したことを書いていきますね。

書いた記事にアクセスが来ないのは何故?

アドセンスブログ記事を書くときには

 

1. 記事を書くネタを決める

2. キーワードの選定

3. 記事タイトルを決定

4. 記事作成

5. 投稿

 

と進んでいくのですが、

順調に投稿まで進めて自信のあるネタで記事を書いたとします。

 

なのにどうして、記事を書いたのにアクセスが来ない、、、、

旬なネタだし、みんなが読みたい内容のはずなのに、、、

 

と悩んでいるなら、まずタイトルを見てみてください。

原因は状況や人によって色々ありますが、

アクセスが来ない原因の多くは、タイトル付けにある!

と私は思っています。

 

私がタイトルを付けるときに気をつけていること、

・タイトルと記事内容が合っていること

・検索されるキーワードが入っていること

この2つをしっかりと頭に入れておくことが大切です。

 

記事の内容は需要があっても、タイトル次第でアクセス数が大きく変わってしまいます

これ、本当に甘くみないでくださいね!

記事に自信があっても絶対に安心しないでください。

代筆で有名作家さんが書いたブログだとしても、

タイトルがおかしいと読んでもらえない記事になってしまいます。

宝の持ち腐れです、もったいない!

 

 

タイトルの悪い例とその理由

では、どんな風にタイトルをつけていけばいいのか解説していきます。

こちらは、ニュースサイトのグルメ記事一覧です。

気になる記事をピックアップしました。

 

この記事を読んでみると、

・リプトンのアイスティー専門店が期間限定でオープン

という内容でした。

では、このネタで記事を書くとしてどんなタイトルにしますか?

読んでもらえるようなタイトルを考えてみます。

 

例えば、こんなタイトル

『アイスティー専門店「Fruit in Tea」に行ってみたらこんなお店だった!』

 

というタイトルにしたらどうでしょう?

これでは、記事の内容のままでまったくひねりがないですね、、、

それで?

というツッコミも添えてみたくなります。

 

このタイトル、何がダメなんでしょうか?

 

まず、お店についてタイトルを読んだだけでは興味が湧きません。

記事を読んでくれればわかるよ!

と言われても、読みたい記事しか読まないのがネットユーザーです。

ただの報告するような内容のタイトルの記事は、あまり読みたいと思いません。

 

アイスティー専門店の詳しい情報も知りたいですよね。

「行ってみた!」

と書かれて、気になって記事を読む人もいるかもしれないですが、

この言葉よりも、もっとタイトルに入れたほうがいい言葉は他にあります。

 

では、どんな言葉がいいんでしょうか。

どういうタイトルがベストなのか、一緒に考えてみましょう!

 

関連:ワードプレスで記事のカテゴリーを分ける意味と設定方法は?

 

記事タイトルはキーワードが命!

キーワードは、アドセンスブログにとって大事な要素です。

「キーワード」=検索されるときの言葉

と覚えておきましょう。

 

アドセンスブログのネタ探しで、ニュースの内容を知ってしまうとなかなか疑問が出て来ないことがあります。

そんな時は、自分がこの情報を調べるときにはどうするか、

検索者の気持ちになって考える

ということが大切になってきます。

 

では「検索者の気持ち」を考えながら、アクセスの集まるタイトルを考えてみましょう。

紅茶メーカーの出しているお店ということで

・リプトン

・アイスティー専門店

という言葉で調べてみると知りたい情報がありそうですよね。

 

 

アイスティー専門店の情報について何が知りたいか考えます。

  • お店の場所はどこ?
  • 期間限定はいつまで?
  • アイスティーの値段は?
  • フルーツアイスティはどうやって作るの?

 

など、記事の内容を詳しく知らない場合は、検索者はこんな疑問を持つと思います。

 

 

では、知りたい情報をキーワードとして整理してみると

  • お店の場所、販売店、どこ
  • 期間限定、いつ、
  • 値段、いくら
  • 作り方、注文方法

 

と、いった感じでしょうか。

このキーワードを使ってタイトルを考えます。

 

タイトルにはなるべく多くのキーワードを入れていきましょう。

今回、『アイスティー専門店』をメインの題材にするので、

アイスティー専門店は「メインキーワード」という風に呼びます。

 

メインのアイスティー専門店に関係する言葉は、「関連キーワード」「サブキーワード」と呼びます。

メインキーワードの内容を補助する言葉になります。

 

『アイスティー専門店』=メインキーワード

『期間、場所、注文方法』=関連キーワード、サブキーワード

 

タイトルを作っていくのには

「メイン + 関連(サブ)」

という風にキーワードを組み合わせていくと、アクセスの集まる記事が出来上がります。

 

 

タイトルの文字数は?

タイトルには、なるべく多くのキーワードを入れるといいのですが、

ウェブ上に表示されるブログのタイトルは、文字数が31文字までしか表示されません。

なので、アドセンスブログの記事のタイトルは31文字前後とするのがベストです。

目安ですので、極端に文字が増えて長くなるのは良くないですが、

タイトルが長くても34、35文字にしておいてください。

 

ブログタイトルのつけ方でSEO対策もする方法を解説

 

タイトルは感情にまかせて決めないこと!

タイトルにする文字数は限られているので、

なるべくシンプルで伝わりやすいタイトルを心がけてください。

例にあげたタイトルでは

「行ってみた!」という言葉は検索されることのないキーワードです。

疑問を投げかけるっタイトルでもキーワードが含まれるといいですね。

何で?

理由は?

など簡単なものでOK。

 

だからといってキーワードを繋げるだけのタイトルは全然かっこよくないです。

 

記事内容で、「怒っている」と訴えたいとき、

 

「お店が満席で待たされたし注文も遅くてマジおこなんだけど!!!」

 

このタイトルではキーワードも少なくとても残念なタイトルになってしまっています。

タイトルは冷静に、記事内容に怒り爆発のあなたの気持ちを込めてください(笑)

ちなみにこのタイトルは直せば発想の転換でまた違う記事が書けそうですね。

 

「!」「?」などの使いすぎもやめましょう。

記号を使いすぎると31文字があっという間に埋まってしまいます。

31文字の文章だけでい伝わるように最小限にしてください。

ワードプレスで文字の装飾をして文章を読みやすくする方法!

 

タイトルをつけるコツと注意点

【タイトル付けのまとめ】

  • タイトルは、31文字前後
  • 『メインキーワード + 関連キーワード』を入れたタイトルにする
  • タイトルは自然な文章になるようにすること
  • 検索されない言葉(感情的な言葉など)は省く

 

注意すること

タイトルがキーワードも含んだ自然な文章になっても

内容がタイトルとかけ離れていてはいけません。

キーワードばかりに気を取られて記事の内容そっちのけでは

タイトルと記事、どちらも死んでしまいます。

タイトルと記事の内容が合う、これで素晴らしい記事の出来上がりです。

 

ちなみに、最初に例に挙げたタイトルを私なりに直すのでしたら

 

リプトンのアイスティー専門店の場所はどこ?おすすめの注文方法は?

 

と、してみました。

 

これで検索されるキーワード満載のタイトルになったと思います。

あとは、同じようなタイトルで書いているライバルがいないかチェックしましょう。

 

 

流行の情報なら、しっかりとトレンドキーワードを入れるといいですね。

トレンドキーワードとは、そのときの流行っている旬なキーワードのこと。

その時に流行りそうなアイテムの名前や、イベント情報なんかをキーワードに盛り込んだ記事は、アクセスが集まる可能性があります。

ぜひ挑戦してみてください^^

 

まとめ

覚えることが多くてタイトルを考えるのが嫌になってしまわないように

ひとつアドバイスです。

 

普段からテレビのニュースや出掛けた先で疑問に思ったことを覚えておく。

これだけで、アドセンスブログのネタ選びでもキーワード選定でも

タイトルをつけるときでも必ず役に立ちます。

 

「どうして?」と疑問に思う瞬間を忘れずにメモしてもいいですね。

どうして、から発展する考えが、記事を書くことに繋がっていきます。

 

考える力を普段から持っておくこと、

そしてタイトル付けのコツを思い出してみてください。

普段の生活でも自然とタイトルが思い浮かぶようになりますよ!

 

最近の私は、旦那と会話しててもネタやキーワードが浮かびまくって、

おしゃべりどころではなくなってしまいます(笑)

友人やパートナーやとの会話もトレンドキーワードにたどり着くヒントにもなります。

何気ない会話、と片付けずに耳を傾けてみるのもオススメです^^

 

関連:アドセンスブログが初心者におすすめな理由とメリットは?

 

【Life is a Flower!】アキの公式メルマガ


 

コメントを残す