アドセンスブログの記事のライバルサイトをチェックする方法は?

こんにちは、アキです。

今回は、アドセンスブログのライバルサイトのチェック方法を紹介します。

 

良いネタが見つかって、さあ記事を書く!

その前に、同じようなタイトル、内容で別のブログが記事を書いていないかチェックしましょう!

読んでもらえる記事にするために、ライバルに差をつける技も紹介します。

ライバルサイトを見つけたら?どこをチェックする?

アドセンスブログでいうライバルサイトとは、

同じ内容、タイトルの記事を書いているサイトのこと。

 

同じようなタイトル、記事内容で書いても読んでもらえずに終わってしまう可能性があります。

ライバルサイトのチェックは、記事を書き始める前に必ずしましょう。

 

 

だからと言って、ライバルがすでに書いた記事は、

絶対書いてはダメ!という訳ではありません。

同じ内容の記事でも、タイトルの付け方でライバルに差を付けることもできます。

検索結果が2番、3番目だったとしても、あなたの記事の方を優先して読んでもらえるチャンスです!

 

しかし、大手のニュースサイトと内容が被っている場合は、

その記事を書くのは諦めたほうがいいです。

 

【大手ニュースサイト一覧】

  • Yahoo!ニュース
  • アマゾン、楽天などショッピングサイト
  • まとめサイト(NAVER、2ちゃんねるなど)
  • YouTube

 

大手のサイトとタイトルに使われているキーワードが同じだと

絶対に勝てません。

大手のニュースサイトとだけは真正面から戦わないようにしましょう

 

 

では、ライバルサイトを見つけたら、

どこをチェックして記事を書く判断をするのか、解説します。

 

ネタを決める、キーワードを決める、タイトルを決める

と順調に進めていって、次にライバルサイトをチェックとなります。

ライバルサイトを見つけたら、どこをみればいいのかというと、

 

1. サイトの運営期間と記事数

2. 記事の文字数

3. タイトルのキーワード

4. 記事の内容(濃さや面白さ)

 

あなたのサイト運営期間や全体の記事のボリュームにもよりますが、

ライバルに勝てる可能性があるのかチェックしていきましょう。

 

 

サイトの運営期間と記事数

まず、サイトの運営期間を見てみましょう。

ライバルサイトを隅々まで見てみると、

運営期間が表示してあるサイトが多くあると思います。

私のサイトでいうと、ここです。

この運営期間を見て、自分のサイトとの比較ができます。

 

 

運営期間が3ヶ月以下の場合は、

勝てる見込みは多少あります。

ブログを始めたばかりの人も挑戦できますよ。

 

運営期間が長いからといって、中身がスカスカの記事ばかり書いていたり

記事数が1ヶ月分で10記事

といライバルを見つけたなら全然中身が出来ていないので、勝てるチャンスです。

相手のブログはまだ弱いといってもいいでしょう。

関連:アドセンスブログでアクセスの集まるネタのジャンルや決め方は?

 

ライバルサイトのチェックは、これだけではないので、次にチェックするところを確認しましょう。

 

 

記事の文字数を確認する

ライバルと同じ内容の記事を書く、となった時にライバルの記事の文字数を見てみましょう。

アドセンスブログの1記事当たりの適度な文字数は1,500~2,000文字と言われています。

ライバルサイトの記事を読んでみて、

「え、これだけ?」

って感じたら勝ち目がありますね。

 

早く読めて訪問者には優しいかもしれないですが、

記事としては足りない情報もあるかもしれないので、そのあたりもチェックしましょう。

 

自分の興味のある書きたいネタだった場合は、ゼッタイに「内容薄っ!」ってなります。

こんな文字数に負けてたまるか!

という闘志を燃やしてライバル記事を撃破してやりましょう。

関連:アドセンスブログで1記事に必要な文字数を守れば稼げる?書き方は?

 

タイトルのキーワードの数

同じ内容で記事を書くにも、

相手のタイトルの付け方がおかしいと勝てる可能性は大です。

 

これは、ブログの運営期間(年数)に関わらず、

タイトルにキーワードが多く入っているか、いないかで検索結果も変わります。

 

タイトルはライバルチェックでも重要な部分ですね。

タイトルのキーワードが被らないものを考えれば、検索上位も狙うことができます。

関連:アドセンスブログの記事タイトルでアクセス数を増やすコツは?

 

 

記事の内容は訪問者が満足するものか?

そして、総合的には記事の内容が一番大事ですね。

ライバルサイトを読んでみて「内容、薄っ!」(2回目 笑)って思ったら

勝ち目がりますよ。

どんな情報が足りないのか、よく読んでチェックしましょう。

 

思いっきり濃い内容で記事を書いけば、ライバルにも勝てます。

少しでもライバルにスキがあるのなら逃してはいけません。

痛いところや甘い部分(ライバル記事の情報があいまいなところ)をしっかり突っついてやりましょう。

 

記事の内容が面白ければ必ず読者はファンになってくれますよ。

関連:アドセンスブログでアクセスの集まるネタのジャンルや決め方は?

 

ライバルサイトをチェックするときの注意

ライバルと同じネタかどうかチェックする時に、気をつけてほしいことがあります。

いつも使っている検索窓では検索はしないでください。

あなたの検索履歴やサイトの閲覧情報などが残っていると正しく検索されなくなるからです。

 

ライバルサイトをリサーチするには、

検索画面で

「Ctrl」+「N」とキーボードで入力します。

すると、新しいウィンドウが立ち上がります。

これであなたの検索の履歴のない状態で検索結果が出るようになります。

 

関連:アドセンスブログが初心者におすすめな理由とメリットは?

 

まとめ

ライバルサイトのチェック方法がわかれば、

誰も書いてないお宝ネタも発見することができます。

面倒臭がらずに、地道にひとつずつ工程をこなしていきましょう。

ライバルサイトのチェックは地味ですが、大事なことです。

記事を書くその前に!

ライバルサイトのチェックを忘れずにしていきましょう!

 

関連:アドセンスブログでライバルに勝つ記事の書き方は?タイトルのコツも!

 

【Life is a Flower!】アキの公式メルマガ


 

コメントを残す