グーグルアドセンスの規約違反と禁止事項まとめ

こんにちは、アキです。

今回は、アドセンスブログ違反と禁止事項について解説します。

 

アドセンスブログをしていて知らないうちに違反行為をしてしまっていたら?

「知らない」ことで損をする前に違反してはいけないことを覚えておきましょう。

 

グーグルに嫌われては、アカウント停止

そして収入が0になってしまいます。

 

最悪の事態にならないようにアドセンスのプログラムポリシーをしっかりと理解していきましょう。

 

グーグルアドセンスのポリシーって?

アドセンス違反という言葉をよく使いますが、

グーグルさん的には

「サイト運営者に遵守していただく必要がある」

と守って欲しいことがあると言っています。

それが「アドセンス プログラムポリシー」というものです。

このポリシーからはみ出してしまうと「アドセンス違反」となります。

 

 

アドセンスブログのポリシーについて、

最初は、覚えること多っ!

と思いましたが、収入が0になると死活問題にもなってしまいます。

「知らなかった」では済まないので、しっかりと覚えていきましょう。

 

知らずに違反をした場合、よっぽどの悪意がない限り、

グーグルから「警告」としてメールがきます。

そうしたら慌てず対処しましょう。

ですが、警告は来ないに越したことはありません。

きちんとポリシーを守りましょうね!

 

 

アドセンス広告を設置したブログの守るべきこと

まずは、アドセンスブログ記事の基本を覚えてください。

  • 記事の内容は、子どもが見ても安全で問題のないものであること。
  • アドセンス広告を見づらくしたり、クリックを促す記事にしないこと。

 

 

 

子どもからお年寄りまで、誰が見ても大丈夫な安心安全な記事を書きましょう。

記事の内容は、アダルト記事やギャンブル記事はNGです。

その他、NG記事については後半にまとめました。

 

アドセンス広告を設置したサイトは

ユーザーにとって有益な情報を提供する

というのが基本となります。

お金儲けが目的の記事であってはいけません。

「ここクリックして!」と不自然にクリックを促す記事にしてはいけません。

 

訪問者の目に触れない場所へアドセンス広告を設置すると、警告がきますよ。

私は実際に警告メールを受けたことがあります。

200記事以上の広告をわかりやすい場所へひとつずつ貼りなおしました、、、大変でした(涙)

広告の設置場所についても知っておくべきことがあるんです。

記事内のどこに広告を設置すればいいか、また別の機会にお話しますね。

 

 

アドセンス広告について

まずは広告クリックについてです。

 

記事を読んでもらって自然にアドセンス広告をクリックする構成

というものが理想です。

 

 

アドセンスで収入を得るには、広告をクリックしてもらうこと。

ですが、広告クリックについて違反行為があります。

 

 

広告クリックの自作自演はNG!

つまり、自分のサイトのアドセンス広告を自分でクリックしてはダメ!

これは、当たり前のことですね。

覚えておいてください。

これは必ずバレますので、気をつけましょう。

バレてしまうと、グーグルアカウント停止となりますよ。

 

 

誰かに広告クリックをお願いしてはダメ!

親や親族、友人に自分のアドセンスブログを教えて

クリックしてね♪

と、お願いしてはいけません。

 

これもバレたらアカウント停止です。

ヤマシイことはせずに、記事作成に専念しましょう。

 

 

 

禁止されている記事の内容

アドセンスブログの記事の内容についての禁止事項をまとめました。

大体が、現実社会でも犯罪になる行為がアドセンスでも違反とされます。

知らずにやってしまうことのないように、しっかりと頭に入れておいてください。

 

グーグルアドセンス禁止事項についてはこちら

アドセンス禁止コンテンツ

 

アダルト記事は絶対ダメ!

アダルト記事はアドセンス違反です。

 

アドセンスブログの基本中の基本

誰に見せても大丈夫な内容、に引っかかります。

子どもや未成年にアダルト記事は見せてはいけません。

旦那さん、奥さんは記事を読んでなんて思うでしょうか?

と考えてみてください。

 

  • アダルトサイトへのリンク
  • グラビアアイドルなどのセクシー画像

など、グーグルは厳しく取り締まります。

 

画像の使用についても同じことが言えます。

裸体は間違いなくNG!男性の上半身裸も違反の可能性があります。

水着もNGです!

水着はグレー判定だとも言われていますが、誤解を招かないためにも使わないほうがいいです。

 

水泳選手やお相撲さんなど、スポーツ選手としての画像はOKです。

スポーツ選手のユニフォームでもアダルトな内容にしてしまっては、NGです!

気をつけましょう!

 

犯罪行為を助長する内容はNG!

暴力、傷害、危険ドラッグ、薬物、アルコール、タバコ、

武器、兵器、など

青少年に悪いイメージを与える記事はNGです。

世間のニュースで、逮捕される内容と覚えておくといいですね。

 

アルコールについては、ビールはNG、ワインはOKという線引きもあります。

ビールとワインって何が違うんだ?!

と疑問に思うかもしれないですが、過去の事例もあるので覚えておいたほうがいいです。

アドセンス広告を扱うならアルコール全般は書かないほうが無難です。

 

 

著作権を侵害する画像、動画、パクリ記事はダメ!絶対!

アドセンス違反と共に著作権侵害で訴えられることのないようにしてください。

【画像】

芸能人、有名キャラクターの画像などは、

肖像権や著作権で守られているので使ってはいけません。

Googleのロゴも無断で使うと著作権侵害になってしまいます。

アドセンスブログで使う画像で芸能人はNG?その理由と対処法は?

 

ネット上の画像をキャプチャしてそのまま使うこともNGです!

コピーコンテンツ(パクリ)と認識されてしまう可能性があります。

画像は一部でも加工してブログに載せてください。

無料画像加工ソフトPhotoscapeの使い方

 

【動画】

動画もテレビ番組の録画など不法アップロードされたものはNG!

ミュージックビデオやCM動画を載せたいときは、公式のものをつかいましょう。

 

【ブログの記事】

記事の丸パクリは絶対にやめましょう。

オリジナルの文章で記事を書くというのが重要なことです。

 

記事の語尾を変えただけの書き直し(リライト)もNGです。

「~です」を「~だ!」にしても内容はパクリですので。

書き直しただけのリライト記事はすぐバレてしまいます。

そんな労力使わずに自分の意見を記事に載せていってください。

 

 

その他、禁止コンテンツまとめ

・薬について、処方箋の販売はNGとなっています。

ドラッグストアに売っている市販薬の記事はOKです。

 

・メルマガ登録などを設置しているサイトは、アドセンス広告を貼ることを禁止されれいます。

 

・不正行為を助長する記事はNG。

例えば、パスポートの偽造の仕方、薬物検査の上手なごまかし方などの記事は書いてはいけません。

これは冗談で書いても許されませんので注意してください。

 

 

まとめ

グーグルアドセンスポリシーを守ることでアドセンスブログを安心して運営することができます。

 

アドセンス違反については覚えることが多いですが、

誰に見せても安心して紹介できる記事

ということを頭においておけば大丈夫です。

 

親や子ども、パートナーに記事を書いたら必ず見せる、

と決めておくとアドセンス違反からは遠ざかっていきますよ。

広告の設置についても、アドセンス違反にならないために覚えておくことがまだあります。

それはまた次回にしますね!

 

関連:アドセンスブログでアクセスの集まるネタのジャンルや決め方は?

 

【Life is a Flower!】アキの公式メルマガ


 

コメントを残す