AdSense Managerでアドセンス広告を簡単に設置する方法!

こんにちは、アキです。

今回は、アドセンス広告を記事中に簡単に貼れるプラグイン

AdSense Managerを紹介します。

 

アドセンス広告表示のためのコードを設定するのですが

ビジュアル画面でも使えるプラグインなので

便利ですよ!

AdSense Managerの設定方法と

アドセンス広告の設置の仕方まで解説します。

AdSense Managerの設定 動画解説

 

AdSense Managerの設定方法

1. まず、プラグイン「新規追加」から

AdSense Managerをインストールして「有効化」してください。

プラグインのインストール方法

 

2. 「投稿」の下に「Ad Units」という項目が登場します。

そこを開くと下記の画面が出てきます。

赤枠のところへアドセンス広告のコードを入力します。

Inport」をクリックすればOKです。

 

3. 【Basic】では、アドセンス広告コードの名前と表示場所の設定ができます。

〈 項目の説明 〉

・Name:アドセンス広告の名前(好きな英数字)

これは短めで覚えやすい名前がオススメです。

例:co-1

・Format:アドセンス広告のサイズ

・Display Options:表示する場所の設定

5つの項目の意味はこちら(※)

  • On Homepage:トップページ
  • On Posts:投稿
  • On Pages:固定ページ
  • On Search:検索結果

 

(※)Display Optionsの5つの項目

すべて「YES」にしてください。

この設定にしないとアドセンス広告が表示されないことがあります。

私の設定も全て「YES」ですが、

この設定をしているので表示されないというトラブルはありませんよ。

 

設定が終わったら「Save Changes」で完了です。

設定後は「Ad Units」を開くとこの画面になります。

もう一度編集したいときは「Edit」をクリックすれば

手順「3.」の画面になるので変更してください。

 

アドセンス広告を記事に貼る方法

実際のブログ記事にアドセンス広告を貼るときは

[ad# 設定したName]

というコードを直接記事に入力すればOKです。

「ビジュアルモード」で編集すればいいので簡単です。

先ほど設定したアドセンス広告の名前は co-1だったので

[ad#co-1と記事中に入力すれば

実際のブログ記事にアドセンス広告が表示されるようになります。

 

実際の編集画面ではこんな感じです。

 

実際にサイトで表示される画面

 

アドセンス広告の上に表示させる

スポンサーリンク」の文字は

最初からアドセンス広告コードと一緒に設定してもいいのですが

私はアドセンス広告コードを単語登録しています。

[ad#co-1] を単語登録で一文字「あ」などとしておくと便利です。

「スポンサーリンク」は「す」で変換するようにしています。

 

なので「す」⇒変換、「あ」⇒「変換」で

スポンサーリンク

[ad#co-1]

とすぐに入力できるようにしています。

 

AdSense Managerは

好きな場所にアドセンス広告が貼れて便利ですが

貼り忘れも有り得ますので(私も何度かあります、、、)

ブログ記事の書き始めに

アドセンス広告のコードだけ先に入力しておくのもオススメです。

 

 

アドセンス広告を貼る位置はどこがいい?

アドセンス広告を貼る位置

記事のタイトル下、記事の真ん中、記事の終わり

の3つを基本の位置として設置しています。

 

記事1番目のアドセンス広告は

タイトルの直ぐ下よりも

最初の見出しの上くらいオススメです。

 

タイトルのすぐ下にアドセンス広告を設置すると

グーグルにペナルティを受ける可能性があります。

これはスマホでブログを見たときに

記事本文を読む前にアドセンス広告が画面いっぱいにでて

下にスクロールしないと記事が読めない

ということがアドセンス広告違反になるためです。

 

ブログ訪問者に記事を読んでもらうことが第一なので

「ユーザー目線」じゃないことをグーグルが指摘しているんですね。

お客様第一でブログを作っていきましょう。

 

そして、AdSense Managerの設定で

楽にアドセンス広告を貼れるようになったからといって

今まで書いていた記事に自動で貼ってくれるという機能はありません。

なのでブログを始める時に設定しておくことをオススメします。

もし100記事以上ブログを書いていた場合でも

手作業で一つ一つ丁寧にアドセンス広告を貼ってください。

 

私はグーグルからアドセンス広告の位置について

警告を受けたことで、

アドセンス広告の場所を貼り替えたことがあります。

この時は200記事以上ありました(涙)

しかし終わりは必ずありますので、心配しないでください(笑)

面倒臭がらずに地道にいきましょう。

 

アドセンス広告を簡単に設置できる便利なプラグイン

AdSense Managerを活用して

記事作作成時間の短縮をしてみましょう!

【Life is a Flower!】アキの公式メルマガ


 

コメントを残す